dotor_chai

数年ぶりにドトールのメニューにチャイが戻ってきました!
その名も「ハニーマサラチャイ」。

2015年の「ロイヤルマサラチャイ」に比べると、トッピングされたクリームとハチミツがかなり甘くて、私的には、少し残念ですが、巷では「普通にチャイだ!」と言う感じで好評のようです。

この「普通に」は、おそらく、「ちゃんとスパイスで香味が作られている!」と言う評価なのかなーと勝手に推測しています。

基本的に香料が使われている、いわゆるチェーン店や市販のチャイに比べると、ドトールのチャイは、スパイスだけが使われているようなので、後味は、とてもスッキリしています。

香料による、舌に残る甘ったるさがないんですね!
ただ、前述したようにクリームとハチミツがかなり甘いのと、スパイスが穏やかで控え目なので、自分で調合した濃厚なスパイスのチャイに慣れている私にとっては、かなり控え目で甘ったるいチャイでした。

写真には「イメージです」と書かれていますが、おそらく王道の「クローブ、シナモン、カルダモン」に、今、流行りの「ロングペパー」、「ヒハツ」とか「ヒバーチ」とも言われる胡椒の一種が調合されているようです!

前回の「ロイヤルマサラチャイ」には「レモングラス」が入っていて、今回は「ロングペパー」。この辺りのスパイスの流行を、ちゃんとチョイスしているところが、なかなかドトールさんは凄いなって思います!

私の「スパイス調合ワークショップ」で「マサラチャイ」をブレンドして頂く時には、大抵7種類か8種類のスパイスをブレンドして頂くのですが、ドトールさんは、基本となる3−4種類のスパイスだけで、マイルドなチャイを作っていて、おそらく子供からお年寄りまで、万人が嫌うことなく美味しく飲める味だと思います。

体を温める効果のある「ジンジャー(生姜)」を使わないところも、2015年と同じ。
夏だから?なのかもしれませんし、独特の「苦味」を出さないようにしたのかもしれません。

チャイは、ここ数年で、日本にとても根付いてきているので、もっと、スパイシーでパンチがあっても受け入れられると思うので、メニュー開発される方、ぜひ冒険してみて欲しいです。

シーズンものだと思うので、皆さまぜひ、ドトールのハニーマサラチャイを飲んでみてください。
きっとHOTよりアイスの方が、甘さがすっきしりして美味しいかも!

ぜひ、お試しください。