neko
冬の終わりを告げる「節分」。エネルギー的には、立春から新しい1年が始まると考えられています。

季節に四季があるように、私たちの人生にも種まきの時があり、葉を茂らせる成長期と実を結ぶ収穫期、そして休息のための冬があります。

このタイミングを、身体からのエネルギーの変化で上手にキャッチできるようになると、無理をせずに良いタイミングで自分をコントロールすることができるようになるのではないかなぁと思います。

立春の前日である節分はスタートの時。冬に溜まった大きなエネルギーが、今まさに体から溢れようとしているのを強く感じます。

節分の1週間前くらいから沢山の夢を見ては、これまで気がかりだった事柄や、ちょっと心配なあの人のこと、将来への焦りまでもが顕在化します。良い夢というよりは整理清算の夢なので、うかうかしているとブルーな気持ちになりかねません。  

ですから、節分の前は必ず朝日を見ながら、『あぁ、心が新しい1年のスタートに向けて調整をはじめたのだなぁ』と思うようにしています。

夢は潜在意識にこびりついた事柄が健在意識化する時に見るといわれているので、 『ついに、リリースする時なんだ!』そう思うようにしています。

身体の変化や、心の変化、エネルギーの変化に耳を傾けながら暮らしていく、それがわたしの理想です。人間も自然の中の一部ですから、季節と共に必ず変化をしているはず。

『迷った時は身体に聴く』

一見単純のことのようですが、これができれば大抵の迷いは消えるのではないかなと思います。しかし、これが難しい。。。私も大努力中でございます。

季節の変わり目や、満月、新月などのエネルギーの変わり目に自分の身体や心を観察してみると、色んなことがわかって新しい発見があるかもしれませんね。