sansyofb
11月22日は「小雪(しょうせつ)」。寒い地方ではわずかに雪も降りはじめる頃。いよいよ「冷え取り対策」が必要な季節となりました。

今日はキャンパス地のコンバースを履いて歩いていたら、足が寒く感じました。もう秋仕様から冬仕様に変わらないといけないんだなって、実感した訳です。

我慢していたけれど、日中でも暖房が必要ですね。朝夕はぐんっと冷えこみますので身体を冷やさないようにしなくては!

というのは、肝腎要の「腎」が最も「冷え」の影響を受ける臓器だからです。

私たちの身体の中で、生命力や免疫力を蓄える働きを持っているのが「腎」。冷えで「腎」を痛めつけてしまうと、生命力自体が低下してがんばりが効かなくなってしまいます。

また、腎は「憂いの臓器」とも呼ばれ、「腎」の不調は心にも大きな影響を与えます。 

訳もなく悲しかったり、ウジウジした気持ちが沸いてきたり、側でひそひそ話やクスクス笑いをしている人を見て

「えっ?わたし笑われてる???。。。なんかした??」

そんなウジウジさんが現れてきたら要注意。
「腎」が冷えて悲鳴をあげています。

逆を言うと、悲しみすぎたり、ウジウジしていると「腎」も一緒に傷ついていきますので、冬は得に身体を温め、心も温めて、ゆっくりとお家で冬ごもりをするのが養生かなと思います。

そんな冷えに効くスパイスは、薬膳鍋にも欠かせない「山椒」。
お腹の冷えや吐気、下痢、むくみにも良いとされています。
二十四節気のスパイス:小雪の頃は内臓を温めてくれる「山椒」です!