cinnamon
10月8日は「寒露(かんろ)」。暑さは一段落し、澄んだ空気に赤らむ月がとっても美しい季節になりました。朝夕は草木に露がやどり、露の冷たさが増すと共に秋はどんどんと深まり自然の景色は豊かに色づいていきます。

秋の養生は乾燥から身を守ること。
秋晴れが続けば、あっという間にお肌や頭皮、鼻腔までもが乾燥しはじめます。化粧水やクリームなどの外側からのケアだけでなく、「身体の中から潤すこと」を心がけたいです!

漢方養生学では「酸味」と「甘味」を一緒に摂ることで「潤い」を生むとされています。
この「甘味」はチョコレートや砂糖などの甘味ではく、ニンジンやカボチャなどの根菜類や、くるみ、松の実などの木の実類に含まれる自然な甘味をさします。

旬のりんごは、この「甘味」と「酸味」の両方を兼ね備えたスーパーフルーツ。口の渇きや胃腸の不調を調えて心を落ち着かせる効果もあると言われています。

りんごはそのまま食べると身体を冷やしますので、スパイスのシナモンと一緒に調理するのがオススメです。 バターでソテーした林檎にシナモンをかけたり、リンゴとシナモンスティック1本をお酢で煮込んだビネガーコンポートを豚肉と和えるなどしてお召し上がり下さい。

シナモンはショウガ以上に身体を温める効果があります。ただし、シナモンを食べて逆に口の渇きが気になる場合はシナモンを控えめにしてみて下さい。シナモンには収斂作用がありますので取りすぎには注意が必要です。
秋はやっぱり、乾燥しないことが一番大切なので!!