taisho_tea
7月23日は「大暑(たいしょ)」。1年で最も暑い時期のはずですが、「湿気全開!暑さは微妙・・・」な日々が続いています。

毎年、大暑の辺りだけはなぜか少し涼しくて「ぐっすり寝れそう!」と期待するのですが、今年は湿気が凄すぎて、ベタベタした身体が夜風で冷えて、体調管理がとっても難しく苦労しています。。。


暑い夏は自立神経を麻痺させないために、しっかりと汗をかくことも大切なのですが、汗のかき過ぎはパワーの源である「気」も一緒に消耗してしまいます。

「頭寒足熱」・・・これは、頭は涼しく下半身は冷やさずにという養生の教え。

ミントやカルダモンなどのスッーとするスパイス茶で、のぼせがちな上半身の熱を上手く取除きつつ、ビタミン・ミネラルが豊富な臭みのある動物性食材に、山椒などの辛味のスパイスを使って、お腹を温めながらしっかりと栄養補給を心がけます。

ウナギやラム、チーズ、イワシなどの臭みのある食材は夏バテに効果のある栄養価の高い食材ですが、臭みが強くて、暑い日にはなかなか喉を通りません。

そんな時に、山椒やニンニクなどの辛味のスパイスで調理すると、食材の臭みを消しつつ、香りで食欲を増進させてくれるのです。


写真のお茶は、なかなか明けない梅雨でモヤっとしがちな頭をリフレッシュしてくれるミントに、肝に働きかけてくれる滋養効果のあるクコの実をプラス。

気をめぐらせてくれる陳皮とバラの花びら。
そこに、汗で冷たくなったり、冷房で冷えやすいお腹を温めてくれるブラックペパーを配合した夏の養生茶です。

ミントはお茶だけでなくミント風呂として利用しても、精神安定、疲労回復、消炎効果が期待できます。1日の終わりに、さっぱりとしたミント風呂で、心と体をシャッキリしてみるのも良さそうです。