bayleaves33
「お庭に月桂樹の木(ローリエ/ベイリーブス)が植えてあるので、お料理の度に気軽に収穫して使っているよ」なんていう方も多いのですが、スパイスの収穫にも実は「旬」があるんです。

人間も、果物も、お野菜も、命あるものには全て旬があり、タイミングというものがあります。

ローリエの収穫はまさに今が最終期。
通常6月から7月の初旬、花が咲く直前までがベストタイミングなのです。

日本にある月桂樹の木は雄株のことが多く、花が咲きません。それでも花が咲く直前のタイミングの新芽にはローリエがローリエらしい香り、つまり精油や効能が沢山含有されているのです。

いつ摘んでもほのかに香るので、あまり気にしない方が多いのですが、ピークをすぎた新芽は大きく硬い葉となり、精油量も減り、苦味成分が増加していきます。

せっかくの美味しいお料理に一役かってくれるスパイスですから、是非、旬の時に収穫して1年間大切に使ってあげてくださいね!

写真は真鶴オーガニックプロジェクトで販売支援をさせて頂いている無農薬のベイリーブスの検品用のサンプル。今年は太陽のお陰で香りの高さが抜群でした。