salada
6月21日は「夏至(げし)」。 1年で最も日が長く夜が短くなるのが夏至の頃。梅雨が最も盛んな時期でもあるので、なかなか太陽に会えない季節でもあります。 

夏の始まりをつげる立夏(5月5日)から、草木が勢いよく生長する小満がすぎ(5月20日)、入梅の頃:芒種(6月5日)からすでに2週間が経ちました。

暦の上では季節は夏に変わりましたが、まだまだ夏と言うには朝晩の冷えが気になります。けれども私は暦の上で季節が変わったら、意識を次の季節に傾けるようにしています。

身体の負担を少なくして、季節の変わり目をうまく乗り切るには「心づもり」がとっても大切。
夏は夜更かしをしても朝は早起きし、沢山太陽を食べるように心がけ、積極的に外に出て運動したり、新緑の香りを味わうと同時に、身体の熱を取ってくれる瓜科の夏野菜を少しずつ食卓に増やしていきます。

特に梅雨時期は身体が重だるい上に下半身は冷えていて、頭には熱がこもりやすいので、ハトムギや小豆、ハスの実、白キクラゲなどの水はけの良い食材に、むくみ予防に良いとされる陳皮を振りかけた薬膳サラダ等がお薦めです。生の野菜ではなく火が通っている食材をサラダとして頂くのがポイントです!

陳皮は整腸作用だけでなく、免疫力UPや利尿作用、むくみ解消など、梅雨の季節に最適のスパイスです。 お酢に漬込んでドレッシングとして利用したり、胡椒とブレンドして湯豆腐にかけたりと、気軽に振りかけて使うことができます。 

振りかけて使えるスパイスはあまり多くないので、ぜひ気軽に使ってみてください。陳皮には紫外線による皮膚コラーゲンの分解を抑制する働きもあるので、美白効果も期待できちゃいますよ!