jyuniper480
6月6日は「芒種(ぼうしゅ)」。 芒(のぎ)は稲の穂先の突起のこと。

「芒種」は、こうした尖った穂先を持つ、穀物の種を撒く季節をさします。
そしてこの「芒種」を向かえる頃がちょうど入梅の季節となります。

体調不良の大きな原因の1つに「湿気」があります。

身体に余分な水分が溜まることで胃腸の働きが弱まります。
むくみやめまい、吐き気などの原因にも、実はこの水分が関係していることがあります。

梅雨の時期は身体の水はけを良くしてくれる食べ物を積極的にとり、水分代謝を意識した生活を心がけるのが養生です。

ただし、利尿作用のある夏野菜は身体を冷やす作用もあるので、必ず煮たり、焼いたり、炒めたりして食し、唐辛子や生姜、胡椒、山椒などの身体を温めるスパイスと一緒に食べるのが良いとされています。

タラゴンやジュニパーベリーなどの利尿作用があるスパイスもお薦め。

紅茶にも利尿作用がありますので、紅茶を沸かすお湯に3から5粒ほどのジュにパーベーリを少し押しつぶして入れ、数分沸騰させてから紅茶をいれます。

爽やかな香りとほろ苦さのあるスパイスティーが楽しめます。


ジュニパーベリーはお酒の「ジン」の主要原料の1つでもあります。


タラゴンであれば小匙0.5杯から1杯程度。
足などのむくみや膀胱炎などにも良いと言われているので、オフィスワーカーの方にもお薦めです。

新型ウィルスの影響で在宅勤務をされている方にも、オススメですよ!

また、旬のものが少ない梅雨の季節は「乾物の棚卸しの季節」とも言われています。

水分を多く含む食品はどうしても身体を冷やしがちですが、水分が抜けた乾物は身体を温める作用があるので1年間ストックしながら使ってきた乾物を食卓のメインにして、一気に消費してしまいましょう!

乾物食品の断捨離を楽しみながら、梅雨を楽しくのりきりたいと思います!