bayleaves00
6月と言えば、そろそろベイリーブス(別名:ローリエ・月桂樹)の収穫の季節です。3月頃に芽吹いた新芽が太陽を浴びてしっかりとした厚みになり、ピンッと先が尖って6〜7cmくらいにの大きさになったら、特に日当りのよい葉を選りすぐって収穫します。

ベイリーブス(ローリエ)と言えば、胡椒に負けないぐらい日本に浸透しているスパイスですが、ほとんどの方が、ミネストローネなどのスープ類やカレーなどの煮込み料理にベイリーブス(ローリエ)を使います。

でも、実はこのベイリーブス(ローリエ)は、肉の臭み消しに抜群の効果を発揮してくれるスパイスなので、お肉をマリネしたり、粉末にしてひき肉に練り込んだりして使うと、ベイリーブス(ローリエ)の美味しさがもっと、もっと良く分かると思います。

特に、鶏肉との相性が抜群です。
鶏肉の、あの独特なタンパクな臭み....分かりますか??
あの臭みを、ベイリーブス(ローリエ)は見事に柑橘系の香りで消してくれるのです!!
bayleaves000

写真はバーベキュー風にしたベイリーブスチキン(ローリエチキン)。
串に刺す前に、鶏肉に塩、胡椒、そして葉に切り込みをいれたローリエを張り付けて、少量のオリーブオイルで10分ほどマリネします。

後は、マッシュルームやタマネギ、ズッキーニなどと一緒に串にさしてフライパンでじっくり焼き上げたらできあがり。

ベイリーブス(ローリエ)を鶏肉の隣に刺すのをお忘れなく!!