benibana480
4月21日は「小満(しょうまん)」。生きとし生けるもの全てが陽光の恵みを受け、命が満ちて輝きだす活気のある季節、それが「小満」です。

私は毎朝、真東のベランダから太陽に挨拶をしています。
口からストローで太陽を吸い取るように息を吸いゴクリッと唾を飲みこむと、何だかとっても幸せな気分を感じます。毎朝何があっても太陽を食べる、それがこの20数年間の日課であり楽しみでもあります。

毎日色々あれども朝日を食べれば自然と感謝の気持ちが湧き、不思議と「また新たに前を歩いていこう」という気持ちが生まれます。そしてまた雑踏にまみれ、また、腐る(笑)みたいな繰返しではありますが、朝の太陽は私のお薬みたいなものです。

太陽の光はカルシウムの吸収に必要なビタミンDを生成してくれるだけでなく、心や身体を温めて消化を促進してくれます。もともと脾胃が弱く、食物の吸収能力が弱い日本人には太陽の光はまさにお薬です。

陽気が急に変化したり雨が多くなるこの時期は、ストレスで気が滞りやすい時期。 がんばり屋さんは特に、太陽を見ながらホッと一息、心と身体の緊張を上手にほぐして 気の巡りを調えてあげてください。きっと少しやる気が湧いてくるはずです。
nenibaan_poteto480
そして小満の時期は、紅花が咲き誇る季節でもあります。
紅花は食材をきれいな黄色に染め、視覚的に食欲をアップしてくれるスパイスですが、漢方では「紅花(こうか)」という名前の生薬です。

血の流れを良くし、凝りや痛みを緩和してくれるので、女性特有のお悩みには紅花はお薦めです。血流を改善してくれるので、シミやクマにも効果があると言われていますが、妊娠中や生理中は禁忌ですのでご注意ください。

ポテトサラダや湯豆腐に添えたり、お茶として飲むのもお薦めです。炊飯ジャーにふたつまみほどいれればサフランライスのようなレモン色のご飯ができます。

薬膳料理は決して手の込んだお料理ではありません。
「なんとなく身体が重いから、今日は紅花ライスにしてみよう!!」これこそが薬膳料理なんですよ!