cinnamon
健康効果が注目されているスパイスが沢山あります。
ジンジャー(生姜)に続き、冷えに悩む女性に注目されているスパイスの1つですが、実はこのシナモンに含有されている「クマリン」という成分は、過剰に摂取すると肝障害を誘発する恐れがあるとのレポートがだされています。

注意を促しているのは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)、耐容1日摂取量(人が一生涯にわたり摂取しても健康への影響上問題ないとされる1日当たりの摂取量)を、体重1kg当たり1mgに定め、注意喚起をしています。

計算すると、体重が50kgの人は1日5mgまで大丈夫ということになります。ここで、あれれ?と思ったのは、良く見ると数値の単位がmg.......グラムに直してみたら体重1kg当たり0.001g.......となると、50kgの人は1日0.05gまでということになちゃいます。1日の摂取量が0.1gに満たないというのは、ちょっと心配ですね。

東京都では2007年に、市販されているシナモンのクマリン含有量について実態調査をしており、その結果、体重50kgの成人の1日の許容量について「セイロンシナモン」では364.6g、「カシア」で1.5gとレポートしています。(セイロンシナモンよりカシアのクマリン含有量が圧倒的に多いのです。セイロンシナモンとカシアの違いについてはこちらをご参照ください)

健康体で、且つ普通の食事の中でシナモンを食べている方にとっては、あまり心配するものではありませんが、市販のシナモンパウダーはクマリンン含有量の高いカシアのパウダーなので、シナモンが好きな方はセイロンシナモンのスティックをブレンダーでパウダーにされることをお薦めします。
私がスパイスレッスンで使用しているVOXSPICEさんのオーガニックスパイスは、めずらしくセイロンシナモンのパウダーを販売してくれています。ご興味ある方は、ネット販売もありますのでチェックしてみて下さいね。私のスパイスレッスンでも少量販売をしていますのでレッスンの際にお買い求め頂けます。 オーガニックスパイス:VOXSPICE

前置きが長くなりましたが、健康的な食事の取り方はやはりバランスと調和。
もし、毎日シナモンシュガートーストを食べたり、チャイを飲んでいる方がいたら、その食習慣を見直してみてください。1日おきにするとか、2日食べたら1日お休みするなどをお薦めします。どんなに美味しく、健康効果があるものであっても、毎日同じものを食べ続けることは身体に負担がかかります。

近年ではすぐに表出しなアレルギーとういうのも注目されており、ちょっと身体がだるいとか、ほんの少しだけ頭が重いなど、症状が軽いために、例えば原因が「毎日朝食で食べているヨーグルトのアレルギーだった」ということに気づかない事があるそうです。 何らかの小さな身体の不調がある方は特に、毎日習慣的に食べているものがないか確認してみるといいと思います。そして「毎日」ではなく「3日に1度」にしてみた時の、身体の様子を観察してみてくださいね。

それからもう1つ、注意して頂きたいのがサプリメントです。 例えばお酒が好きな方にはお馴染みの「うこん(ターメリック)」には「クルクミン」という肝機能を強化する成分が含まれています。健康食品としてドリンク剤やサプリメントが沢山販売されています。 食品として食べている分には過剰摂取の危険はあまりありませんが、サプリメントは少量で成分を大量に摂取できるよう作られていますので注意が必要です。

なるべく食事としてスパイスをバランス良く、健康的に取り入れたいですね!