annin
2月4日は「立春(りっしゅん)」。まだまだ寒いですが節気は春を迎えました!
太陽に当たるとポカポカ暖かく、日差しが春になってきたのを感じることができるのが立春の頃ですが、今年はまだまだ寒さの真っ只中で調子が狂います。

インフルエンザの流行と共に、早くも花粉が飛び始めるので喉や肺などの呼吸器系を潤すことが養生のポイントです。

肺などの呼吸器を潤してくれる食材としてオススメなのが、杏仁豆腐の原料である杏仁です。

漢方薬では咳止め、痰切りに使われます。咳がでている時や、痰がからむ時に、喉や肺を潤わせてくれるだけでなく、杏仁豆腐のひんやり感は腫れた喉をクールダウンしてくれるので、喉の調子が悪い時にも食べやすく、まさに「美味しい食薬!」の代表です。

乾燥の激しいこの時期は、ぜひ杏仁豆腐をデザートにしてみて下さい。
写真は台北の迪化街(テキカガイ)で仕入れてきた杏仁。混ざり物一切なしの杏仁です。
日本でも探せば中華街などで手に入れることもできるそうですが、お手軽にコンビニやスーパーで杏仁豆腐を買うのもアリですよね!

ただ、大切なのは「杏仁」が入っていること!

香料やアーモンドエッセンスなどの代替品で作られている杏仁豆腐が多いので、必ず原材料名を確認してくださいね!

ちなみに、この杏仁豆腐の香りづけには、中華でお馴染みのスターアニス(八角)というスパイスが使われています。ご自宅で杏仁豆腐を作る時には、スターアニスを1ケ入れると、より香りが強く美味しく感じられますよー!

杏仁豆腐の素はYOUKI食品さんなどで「杏仁霜」として販売されています。カルディーなどには必ず置いてあるので我が家は必ず常備してあります。

杏仁豆腐を作るのが面倒な場合は、牛乳やヨーグルトに混ぜて食べるだけでも効果がアリ!!

★YOUKI食品の「杏仁霜」★