006
市販の紅茶やお茶のフレーバーはほとんどが香料の香りです。
香料が入っていないお茶を探すのは一苦労。時にオーガニックのものであっても香料が添加されているんです。

香料でつけられた香りは甘ったるく、鼻にも舌にも残りますが、天然の素材の香りはとにかく爽やか。素材そのものの香りには、その植物のプラーナ(エネルギー)が宿っているので、わたしはそのプラーナを感じたい、香料でそれを消してしまうなんて、本当にもったいないなと思います。

天然素材の中にも香りが強く、気を巡らせて心と身体をリラックスさせてくれるものが沢山あります。お気に入りの何種類かを持っていれば、気軽にブレンドして自分だけのフレーバーティーもすぐにできるし、何と言ってもお茶をいれながらワクワクすることができます!

今日はホワイトデーが近いので、凍頂烏龍茶(青心)をベースにローズフラワーとブラックペパーのフレーバーティーを作りました。
オーガニックコットンのお茶パックに小分けにし、シーラで三角の形に。これから会うお友達のお土産にしてみましたよ。

◎オリジナル冷えとり気巡茶
凍頂烏龍茶:花粉症を抑える天然の抗アレルギー成分「メチル化カテキン」が豊富
ローズフラワー:芳香性リラックス効果
ブラックペパー:冷えからくる胃痛などを抑える、身体を温める効果