スパイスコーディネーターの身体の声を聴くブログ

「体の声を聴く×ワクワク」がモットー。「身体の声」に耳を傾ける自分に優しいライフスタイルを実践中。美容や健康をおいしく安全にサポートしてくれるスパイスや漢方食材の活用で心と身体を調える食養生スタイル(セルフメンテナンス)を徒然します!

3月5日は「啓蟄(けいちつ)」。  蟄虫啓戸(すごもりのむし、とをひらく)- 冬ごもりしていた虫たちが春の暖かさに誘われて地中から這い出してくる様子から、この時期を啓蟄と呼ぶそうです。寒さでキュっと縮んでいた気も緩みはじめ、わたしたちの心や身体も活発になります ...

2月19日は「雨水(うすい)」。立春から15日が経ちました。冷たい雪は雨に、氷は水に、山に積もった雪がゆっくりと溶け出し田畑を潤しはじめます。昔から農家は雨水を目安に、農作業の準備をはじめてきたそうです。寒さに縮こまっていた私たちの身体からは、内に秘めていた陰 ...

2月4日は「立春(りっしゅん)」。まだまだ寒いですが節気は春を迎えました!太陽に当たるとポカポカ暖かく、日差しが春になってきたのを感じることができるのが立春の頃ですが、今年はまだまだ寒さの真っ只中で調子が狂います。インフルエンザの流行と共に、早くも花粉が飛 ...

1月20日は「大寒(だいかん)」。1年の中でもっとも寒さが厳しい時期です。インフルエンザも流行っていますし、身体の免疫機能が低下して風邪をひきやすい季節ですが、そんな時こそスパイスや漢方食材を上手に利用して、身体を内側から温めてあげたいものです!寒い日にお薦 ...

1月6日は「小寒(しょうかん)」。1年でもっとも寒さが厳しくなる「寒の入り」です。漢方養生学では、「寒邪(かんじゃ)」から身を守ることがこの時期に最も大切なことだとしています。「寒邪」とは、寒さが身体に入りこみ悪さをすること 。「寒気がする、喉が痛い、疲れが ...

12月22日は「冬至(とうじ)」。「陰、極まれば陽となり、陽、極まれば、陰となる」陰陽五行説では冬至はもっとも「陰」が極まる時。つまり冬至を境に陰は減少して行くと考えられています。これは物事が究極を越えると正反対に転じて量や質も変化することを表しています。 ...

12月7日は「大雪(たいせつ)」。北風が吹き、寒い地方では根雪となる雪が降り始める頃です。 どんなに冷たい風が吹き荒れようとも、お家でゆっくりともしていられないのが歳末です。 この時期は、1年の疲れが最もでやすい時期であるとともに、日本では大忘年会の ...

11月22日は「小雪(しょうせつ)」。寒い地方ではわずかに雪も降りはじめる頃。いよいよ「冷え取り対策」が必要な季節となりました。今日はキャンパス地のコンバースを履いて歩いていたら、足が寒く感じました。もう秋仕様から冬仕様に変わらないといけないんだなって、実感 ...

11月7日は「立冬(りっとう)」。暦の上では冬、木枯らしに身をすくめる季節の到来です。今朝は見事な朝日でしたが、だんだんと銀色の空になってきてしまいました。日の出も6時を過ぎてからになり、日脚も短く冬の気配を感じるこの時期は、乾燥した冷たい空気で喉が痛くなっ ...

10月23日は「霜降(そうこう)」。 朝夕の気温が下がり、山には霜が降り始める季節の到来です。 一雨一雨ごとに、秋がぐんっと深まってきていますね。   夏の疲れがとれないままに9月を迎え新しい生活がスタートした皆さんも多いはず。秋は雨も多く、太陽の見えない ...

10月8日は「寒露(かんろ)」。秋雨の中、節気を迎えました。今日は東京は雨ですが、この時期に最も癒してくれるのが、澄んだ空気に赤らむ月。お月様がとっても美しい季節ですね。朝夕は草木に露がやどり、露の冷たさが増していくにつれて、秋もどんどんと深まります。外に向 ...

9月22日は「秋分(しゅうぶん)。太陽は真東から出て真西に沈みます!そして昼と夜の長さが等しくなる今日を境に、エネルギーは「陽」から「陰」の気へと変化します。   漢方養生学では万物すべてを「陰陽」のバランスでとらえます。 陽気が盛んな春夏は「陽」秋冬 ...

9月7日は「白露(はくろ)」。夜の間に大気が冷え込むようになり、朝の草木には露が降りる。そんな秋の風情を感じられる季節が「白露」です。暦では実りの秋の始まりです。巨峰や栗、カボチャが美味しい季節です。私たち人間にとっても、夏までの成長・繁栄が実りはじめるの ...

8月23日は「処暑(しょしょ)」。暑さも少しやわらぎ、朝晩の風にほんのりと秋の気配を感じる季節の到来です。しかし、今年は梅雨明けも遅く、残暑というよりも、まだ夏本番といった感じ。。。毎日暑さとの戦いです💦ジメジメと暑い毎日ですが、養生の観点からは、生活スタイ ...

8月7日は「立秋(りっしゅう)」。猛暑の中、暦の上では秋を迎えました! 2週間後の「処暑(しょしょ)」までが最も残暑が厳しい時期。今年は梅雨が長かったので、まだまだ残暑という感じはなく、夏本番な感じが満載です。。。あらゆる場所が冷房で温度管理される現代では、 ...

7月22日は「大暑(たいしょ)」。1年で最も暑い時期の。東京はまだ梅雨明けしておらず「湿気全開!暑さは微妙・・・」な日々が続いています。今年はまだ窓を閉めたままで寝ています。太陽には会いたいですが、あまり暑くならないで欲しいなと。。。昔は夏が大好きだったのに ...

7月7日は「小暑(しょうしょ)」。そして七夕さまです!夜明けと共にゆっくりと蕾をほどく蓮の花が見頃の季節。蓮の葉のお茶はベトナムではお馴染み!中華ではチマキを包む香り付けの食材としても利用されています。また白い実は、精神安定や不眠に効く漢方食材としても有名 ...

6月22日は「夏至(げし)」。 1年で最も日が長く夜が短くなるのが夏至の頃。梅雨が最も盛んな時期でもあるので、なかなか太陽に会えない季節でもあります。  夏の始まりをつげる立夏(5月5日)から、草木が勢いよく生長する小満がすぎ(5月21日)、入梅の頃:芒種(6月 ...

6月6日は「芒種(ぼうしゅ)」。 芒(のぎ)は稲の穂先の突起のこと。「芒種」は、こうした尖った穂先を持つ、穀物の種を撒く季節をさします。そしてこの「芒種」を向かえる頃がちょうど入梅の季節となります。 体調不良の大きな原因の1つに「湿気」があります。身体に余分 ...

↑このページのトップヘ